曼陀羅ニュース

セキュリティー対策は必需品!対策は大丈夫?

ウィルスにご注意!

ウィルスが猛威をふるっています。みなさん、ウィルス対策は大丈夫でしょうか?

必要なウィルス対策

ウィルスから PC を守るには以下の4つの対策を取ることが大切です。

OS のセキュリティアップデート

毎月新しいセキュリティアップデートが出ています。 自動更新を有効にし、OS を最新の状態に保ちましょう。

ウィルス対策ソフトの導入

ウィルスは日々進化しています。 ウィルス対策ソフトを入れても常に最新の状態にしないと役に立ちません。ご注意を!

ファイアウォールを有効にする

ウィルスの侵入経路を減らす事ができます。 Windows XP, Vista には OS 標準で付いています。必ず有効にしましょう。

Web ブラウジングを守るソフト

最近は Web サイトにアクセスすることにより感染する事例が増えています。 OS のセキュリティアップデートを最新にし、かつ ウイルス対策ソフトウェアを入れていても感染するケースが報告されています。 対策としてはMcAfee SiteAdvisorの利用をお勧めします。 詳しくは以前のニュース Web アクセスにご注意を! を参照してください。

セキュリティ対策は「転ばぬ先の杖」のような物ではなく、必ず来る災害から身を守る必需品と考えて、必ず対策を行いましょう。

発生したセキュリティ事件

ここで簡単に実際に発生した事件を説明します。

ウィルスの感染元は「危険なサイト閲覧」によるものでした。そのウィルスに感染した PC から研究室内の他の PC、さらには学生宿舎の PC と広範囲に広がりました。 また、学生宿舎のネットワークが不安定になる、遅くなるといった障害も発生しました。

ITC が調査した時にはウィルスが他のウィルスを呼び込み、複数のウィルスに感染していました。 さらに、ウィルスに感染した全 PC にセキュリティ対策の不備がありました。

感染 PC への対応

今回、以下のような対応をとりました。

学生宿舎の場合

部屋のネットワークを停止

ウィルス感染の疑いが出ると被害を広げないよう、真っ先に対象となる部屋のネットワークを停止させます。

ITC にて PC の調査

ITC まで PC を持ってきてもらい、ITC スタッフのウィルスチェックを受けてもらいます。

感染していた場合は PC の初期化

ウィルスに感染していた場合、完全な駆除が困難なウィルスもあるため確実な手段として PC のハードディスクを初期化してもらいます。

対策に問題がある場合は2ヵ月のネットワーク停止

ウィルス対策を怠っていて感染した場合は、以下のペナルティを課します。

  • 部屋のネットワークの2ヶ月間利用停止
  • 始末書の提出
PC のチェック

ネットワーク停止の間に PC を初期化し、セキュリティソフトを入れ、ITC のチェックを受けてもらいます。

研究室マシンの場合

ネットワークからの切り離し

疑わしいと思われる PC 全てをネットワークから切り離します。 全ての PC に対し、ウイルスチェックを実行します(少なくとも半日は研究室の時間が潰れるでしょう)。

感染していた場合は PC の初期化

ウイルスに感染していた場合、程度の大きさに関わらず PC のハードディスクの初期化を行ってもらいます。

対策に問題がある場合は研究室にペナルティ

ウィルス対策に問題があり感染した場合は研究室に対して何らかのペナルティを課すこともあります。

まとめると・・・ 割に合いません!

ウィルス対策に不備があり、ウィルスに感染した場合は

  • ウィルスに感染した人だけでなく、周りの人にも迷惑をかける
  • 情報科学センターに何度も足を運ぶ
  • PC の初期化
  • 部屋のネットワーク停止 [学生宿舎の場合]
  • 始末書の提出 (要:指導教官の署名) [学生宿舎の場合]

このように他人に迷惑を与え、当人もかなりの不利益を被ることになります。 そうならないよう、きちんとしたウィルス対策を取るようにしてください。