曼陀羅ニュース

Windows Vista のユーザプロファイル(2)

前回は、Windows XP と Windows Vista ではユーザプロファイルが共通ではなく、別々のもの として作られることを説明しました。今回は、Vista のプロファイルの構造とその機能について説 明します。

ユーザプロファイルの構造

Windows Vista(以下、Vistaと記述)のユーザプロファイルは、Widnows XP(以下、XPと記述)のユーザプロファイルからフォルダ階層 (名前空間)がかなり変更されました。 また、ユーザプロフ ァイルの格納場所も XP では [C:\Document and Settings] であったのが、Vista では [C:\Users] に変わりました。以下に Vista のユーザプロファイルのフォルダ名を XP のそれと合 わせて示します。  

 
Vista のフォルダ名XP のフォルダ名 説明 XP でのフォルダの場所
アドレス帳
(Contacts)
該当なしユーザーのアドレス帳の既定の場所該当なし
デスクトップ
(Desktop)
デスクトップファイルやショートカットを含むデスクトップ項目Documents and Settings\<ユーザー名>\デスクトップ
ドキュメント
(Documents)
マイドキュメントユーザーが作成したすべてのドキュメントの既定の場所 Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents
ダウンロード
(Downloads)
該当なしダウンロードしたすべてのコンテンツを保存するための既定の場所該当なし
お気に入り
(Favorites)
お気に入りInternet Explorer のお気に入りDocuments and Settings\<ユーザー名>\お気に入り
ミュージック
(Music)
マイミュージックユーザーの音楽ファイルの既定の場所Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents\マイ ミュージック
ビデオ
(Videos)
マイビデオユーザーのビデオ ファイルの既定の場所 Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents\マイ ビデオ
ピクチャ
(Pictures)
マイピクチャユーザーのピクチャ ファイルの既定の場所Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documents\マイピクチャ
検索
(Searches)
該当なし保存した検索の既定の場所該当なし
AppData該当なしユーザーのアプリケーション データおよびバイナリの既定の場所 (隠しフォルダ)該当なし
リンク
(Links)
該当なしエクスプローラのお気に入りリンクを保存 該当なし
保存したゲーム
(Saved Games)
該当なし保存したゲーム用に使用該当なし

XP では、フォルダの構造が複数階にわたって作られておりやや複雑でしたが、Vista では、単純化され非常にわかりやすいものになっています。例えば、XP では、マイピクチャやマイミュージック はマイドキュメントの下に作られていましたが、Vista では、それぞれピクチャ、ミュージックとい うフォルダ名でドキュメントと同じ階層に作られています。ダウンロードや検索、リンク、お気に入 りなども一番上のフォルダに置かれています。

また、Vista ではゴミ箱の場所がユーザプロファイルの中に組み込まれました。XP 以前のWindows では、削除したファイルはローカルマシン上に保存されていました。Vista では、各 ユーザのゴミ箱ファイルは、そのユーザのプロファイルの直下に隠しファイルとして保存されます。

フォルダリダイレクト機能について

本学のWindowsドメインである MANDARA-DOMAIN では、ユーザプロファイルはログオン時にユーザのホームディレクトリ(Z:ドライブ)上からローカルマシンへコピーされます。ログオフ時は、その逆 で、ローカルマシンからホームディレクトリ(Z:ドライブ)上にコピーされます(図1参照)。よって、ユーザプロファイルが大きければ大きいほど、そのコピーに時間がかかり、ログオン・ログオフに時 間がかかってしまいます。

フォルダリダイレクト機能を使うと、このユーザプロファイルの容量を小さく抑えることができます。 フォルダリダイレクトとは、ユーザ固有のプロファイルフォルダを別の場所に保存(リダイレクト)する機能です。この機能は、XP 以前の Windows からありましたが、Vista になってより多く(全部で11個)のプロファイルフォルダをリダイレクトできるようになりました。

図1.フォルダリダイレクト機能

MANDARA-DOMAIN では、データは基本的にZドライブに保存するように周知していますが、ユーザプ ロファイルにデータを保存しログオン・ログオフに時間がかかっているユーザもいるでしょう。そ んな方は、このリダイレクト機能を使えば、ログオン時間を短縮することができます。

フォルダリダイレクトの設定方法

最後に、フォルダリダイレクトの設定手順について説明します。設定は、ユーザプロファイル内のフォルダ単位で行います。プロファイル内のAppDataを除く11個のフォルダに対してリダイレクトの設定ができます。

  1. まず、自分のユーザプロファイル(C:\Users\アカウント名)を開き、リダイレクトしたいフォルダを右クリックし「プロパティ」を選びます。(例では、Picturesフォルダを選択)
  2. 対象フォルダのプロパティが開きますので、「場所」タグから「移動」を選択し、リダイレクトしたい場所(例では Z:\Vista-redirect\Pictures )を選びます。
  3. フォルダが存在しない場合は、以下のようなメッセージが表示され「はい」を選択すると自動的にフォルダが作られます。
  4. ファイルを移動するか聞いてくるので、「はい」を選択しデータをコピーします。
  5. コピー中に以下の画面が表示されます。コピー終了と同時に閉じられます。
  6. 自分のプロファイルをエクスプローラで開き、フォルダのパスが変わっていることを確認します。

以上で、フォルダリダイレクトの設定完了です。複数のフォルダをリダイレクトしたいときはこの設定を繰り返し行ってください。