曼陀羅ニュース

平成20年度 新規曼陀羅システムの紹介

平成20年度(平成21年3月)に導入される新規曼陀羅システムを紹介します。

個人常用ワークステーションシステム

情報系常用ワークステーションシステム:240台 (Sun Ray1gから置き換え)
バイオ系常用ワークステーションシステム:130台(Apple iMacから置き換え)

Apple iMac

洗練されたデザインのiMacがバイオ系だけではなく、情報系にも入りま す。いつものデスクが一瞬で魅力あふれるワークスペースに変身する !!。

また、情報系ではVMwareを使うことにより、好みの環境を構築すること ができます。

この機会にぜひともMacファンになってください。

物質系常用ワークステーションシステム:70台 (Dell Optiplex GX270から置き換え)

RICOH IPSiO SP C811

物質棟にはDellのハイパフォーマンスPC「Optiplex 755」が入ります。 研究のよきパートナーとして、ぜひ活用してください。

ローカルサービスシステム

情報系カラープリンタ:7台 (富士ゼロックス DocuPrint 405から置き換え)

RICOH IPSiO SP C811
高速出力
・高速40枚/分のフルカラー/モノクロ印刷
・両面カラー/モノクロ印刷も片面時と同速
・ファーストプリント9秒以下(カラー)
高画質
・多値処理技術による高画質
・リコー独自のオイルレスカラーPxPトナー採用
・原稿の内容に応じた画像調整が可能
簡単管理
・消耗品の残量なども確認できる4行LCDパネル
・片手でもできるトナー交換

オンデマンド印刷&ロケーションフリーにも対応する予定ですので、 ぜひ体験してみてください。

3次元プリンタ

Z社 ZPrinter 450

「手軽に使えるフルカラー3Dプリンタ!」

石膏の粉を使い、PCから転送された3Dモデルのデータを元に、 立体模型を作る立体プリンタ。それが「ZPrinter 450」です。

携帯電話の模型を作ってデザインの参考にしたり、骨の模型を 作って医療の現場で役立てたりと、様々な分野で使われ始めて います。デザインや建築系の学校では設置されている所もあり ますが、それでもなかなかお目にかかることが無いプリンタだ と思います。

三次元画像を扱う方は記念となる立体物をぜひ印刷してみてく ださい。