曼陀羅ニュース

Vista で VPN

教員や学外で研究している学生が、大学の外から曼陀羅ネットワークを利用できるように VPN サービス を提供しています。

この VPN サービスですが、Windows 用の OpenVPN クライアント(リリースバージョン)はまだ Windows Vista で使えません!
でもそれでは不便ですので、Vista でも使える最新のベータバージョン(正式リリースではない、テストや評価用バージョン) をご紹介します。

OpenVPN2.1 rc7 のセットアップ手順

ダウンロード

  1. OpenVPNのページへ行き、「Open Source Project」タブをクリック。
  2. 2.0.9(正式リリース版) は Vista 非対応です。
    ページ中段の openvpn-2.1_rc7-install.exe をダウンロード。

インストール

  1. ダウンロードしたファイルを実行。
  2. 管理者権限が必要です。
    ・管理者アカウントで Windows を使っている場合は「続行」をクリック。
    ・一般ユーザの場合は管理者アカウントのパスワードを入力します。
  3. 指示に従って進んでいきます。
    特に設定が必要な項目はありません。
  4. 途中、「デバイスソフトをインストールしますか?」と聞かれたら 「インストール」をクリック。
  5. インストール完了。

OpenVPN の設定

VPN サービスについてのページのOpenVPN の導入と設定を参照し、

  • メンバ証明書 の取得
  • NAIST Root CA の証明書ファイルの取得
  • client.ovpn ファイルの取得と設定

を行います。

接続

  1. 必ず OpenVPN GUI管理者として実行 してください。
    アイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択して実行します。
  2. インストールの時と同様、アカウント制御の画面が表示されます。
    • 管理者アカウントで Windows を使っている場合は「続行」をクリック。
    • 一般ユーザの場合は管理者アカウントのパスワードを入力します。
  3. タスクバーの OpenVPN アイコン(図のミニアイコン)を右クリック。
  4. 表示されるメニューから「Connect」を選択。
    VPN サーバへの接続が開始。
  5. OpenVPN アイコンが緑色に変わり 「client is now connected.」と表示されたら接続成功。