曼陀羅ニュース

Windows XP サポート終了にあたって

Windows XP のサポート期間が 2014年4月8日 に終了します。 修正プログラムが提供されなくなったソフトウェアを使い続ける事はとても危険です。 新しい OS を搭載した PC に入れ替えることを早めに検討しましょう。

Microsoft Windows のサポートライフサイクル(Microsoft)

サポート終了に伴うリスク

Windows XP のサポートが終了するのに伴い、次のリスクが考えられます。

  • Windows Update による「セキュリティ更新プログラム」の提供打ち切りによるセキュリティリスク
  • 各種アプリケーションが Windows XP サポート対象外となる事態が想定され、不具合対応が行われず業務に支障をきたすリスク

なお、総合情報基盤センターではセキュリティ対策(WindowsUpdate)が行われていない PC を曼陀羅ネットワークに接続することを禁止しています。
PCのセキュリティ対策について

ただし、ネットワークに接続しなければ使い続けても良いか、と言うと決してそうではありません。
ウィルス対策ソフトのアップデートができなくなり、USB 等を介してウィルス感染するリスクが高くなります。さらにウィルス感染した場合、システム復旧が困難になるばかりでなく、ウィルス感染に気付かず USB 等を介して他のPC にまでウィルスを広げる危険性が増大します。

リスク回避のために

このようなリスク回避のためには、新しいOSを搭載したPCに入れ替えることが有効な 手段となります。入れ替え後には、以下のような二次的効果も期待できます。

  1. 高速処理
    CPUの性能向上を期待できることに加えて、Windows 7 / 8は従来OSに比べて起動 時間や操作処理が早くなっており、効率的な作業が可能となります。
  2. 省電力
    省電力タイプのPCであれば、従来のPCに比べて消費電力が大幅に削減できます。
    電気料金値上げが騒がれる今、省電力PCへの入れ替えによる定常経費削減は有効な手段です。

早めの検討をよろしくお願いします。

執筆者: 辻井 高浩